国境に設置されたピンクのシーソーの話:あさチャン!【2019/08/01】

Pocket
LINEで送る

楽しそうにピンク色のシーソーで遊ぶ人たち。

しかし、よく見てみると、シーソーの相手はフェンスを挟んだ向こう側にいます。

実は、このシーソーは、アメリカとメキシコの国境の壁の隙間に30分間だけ設置されました。

設置したのは、アメリカ・カリフォルニア大学のロナルド・ラエル教授です。

メキシコ側の都市、シウダー・フアレスの住民の協力を得て3台のシーソーを設置しました。

アメリカのトランプ大統領が国境の壁にこだわるなか、

アメリカとメキシコの架け橋として、象徴的な存在となっています。

これを両国の国境警備隊は見てみぬフリをしたといいます。

設置したラエル教授は、「ここで大人も子どもも遊んでほしい」と語っています。

www.youtube.com

Pocket
LINEで送る

こども六法10歳の君に贈る、心を強くする26の言葉: 哲学者から学ぶ生きるヒントDVD付 新版 昆虫 (小学館の図鑑 NEO)「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる  「繊細さん」の本2020年6月30日にまたここで会おう 瀧本哲史伝説の東大講義 (星海社新書)FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣