何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

ひらがなで星が「きらきら」と書くのはなぜ?という話:教えてもらう前と後【2019/08/20】

星が「きらきら」と「キラキラ」。

どっちで書くのが正しいでしょうか?

実は「きらきら」の「ひらがな」です。

小学校の音楽の教科書を見てみると、ひらがなで「きらきらぼし」。

国語の教科書を見てみると、こちらも、ひらがなで「きらきら」。

いったいなぜ、ひらがななのでしょうか?

↓こちらの本の著者、清水先生によると、

30日で効果ばつぐん!  「勉強ができるぼく」のつくりかた

30日で効果ばつぐん! 「勉強ができるぼく」のつくりかた

  • 作者: 清水章弘
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2015/11/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

ひらがなで表すか、カタカナで表すかは、「擬音語」か「擬態語」かで決まる。

ポイントは「」。

耳で音が聞こえる擬音語は「カタカナ」。

音が聞こえない擬態語は「ひらがな」。

ということでした。

「感じ」が伝わるふしぎな言葉 擬音語・擬態語ってなんだろう (ちしきのもり)

「感じ」が伝わるふしぎな言葉 擬音語・擬態語ってなんだろう (ちしきのもり)

  • 作者: 佐藤有紀
  • 出版社/メーカー: 少年写真新聞社
  • 発売日: 2018/12/16
  • メディア: 単行本