サンタクロースの学校がある理由:モーニングショー【2019/12/25】

Pocket
LINEで送る

ずらりと並んだサンタクロース、その数200人。

ここは、アメリカ・ミシガン州にある「チャールズ・W・ハワード サンタクローススクール」。

1937年創立の世界で最も古いサンタ養成学校で、サンタ界のハーバード大学とも言われるほどの名門校。

入学の条件

入学するにはいくつかの条件があり、

・子どもへの接し方

・歌唱力

・子ども心を持っているか

・体力、健康を維持できるか

これらの条件を満たす必要がある。

サンタの学校では何を学んでいるのか?

サンタとしての振る舞い

サンタクロースは子どもたちを楽しませることが大切。そこでまず習うのが正しいサンタクロースの笑い方「ホッホッホー」。

身のこなしも大切。陽気なステップや肩を揺らしコミカルな動きのダンスも学ぶ。

トレードマーク

サンタクロースに必要不可欠なのは、立派な白いおヒゲ。

くるんとなったヒゲが崩れないように、ドライヤーとピンでしっかりととめて、整える。

頬にはオレンジ色のチークを塗り、子どもたちに安心感を与えるよう愛らしく仕上げる。

相棒のトナカイ

サンタクロースの大切な相棒、トナカイの習性も学ぶ。

さらに、トナカイをうまく乗りこなしているように見せるレッスンもある。


約80年続くサンタクロースの養成学校。

なぜこのような学校を作ったのか?

創立者のハワード氏によると、

「サンタクロースの見た目や子どもへの接し方にバラツキがあってはならないため」

とのことでした。

100にんのサンタクロース

100にんのサンタクロース

Pocket
LINEで送る