体を温める効果が長時間続く飲み物は?:この差って何ですか?【2019/12/24】

Pocket
LINEで送る

体を温める効果が長時間続く飲み物はどれか、6種類の飲み物で検証していました。

それが、「緑茶」「コーヒー」「紅茶」「ココア」「甘酒」「しょうが湯」

検証に参加するのは、冷え性に悩む20代〜40代の女性6人。

まず室温20度の部屋で、60度に温めた1つ目のホットドリンクを全員に200ccずつ飲んでもらう。

その後、体温の変化をサーモグラフィーで測定。

ホットドリンクを飲む前の女性6人の平均体温は、36.2度。

そして、その後、再び体温が36.2度に下がったら、体が冷えたということで計測終了。

この検証方法で、6種類全てのホットドリンクで検証。

それぞれ、どの位の時間温まっていたかを比較する。

体を温める効果が長時間続く飲み物はいったいどれでしょうか?

www.youtube.com

・コーヒーのカフェインは、体温を下げる。

・甘酒の糖質は、体内で熱を発生させる。

・甘酒はコーヒーや緑茶と違って、とろみがあり胃にとどまる時間が長くなる。

・甘酒は、紅茶・ココア・生姜湯に比べて血行を促進させる成分が少ない。

・紅茶のテアフラビンは、血液の巡りを良くする。

・ココアのカカオポリフェノールは、血行促進。

・しょうが湯のショウガオールは、体内で熱を作り出す。

・ショウガオールは急激に体温を高めるので汗が出る、そのため紅茶やココアよりも体温の上昇が持続できない。

森永 ミルクココア 300g

森永 ミルクココア 300g

Pocket
LINEで送る

こども六法10歳の君に贈る、心を強くする26の言葉: 哲学者から学ぶ生きるヒントDVD付 新版 昆虫 (小学館の図鑑 NEO)「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる  「繊細さん」の本2020年6月30日にまたここで会おう 瀧本哲史伝説の東大講義 (星海社新書)FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣