団地の中にある巨大な塔って何?:世界の何だコレ!?ミステリー【2019/12/25】

Pocket
LINEで送る

とある団地の中に、

そびえ立つ高い塔のようなものがありました。

いったいこれは何でしょうか?

実はこれは、「給水塔」。

でも、なぜ、こんな形をしているのでしょうか?

給水塔は、一度に大量の水を使う大規模な施設に設置されるもので、

ポンプで塔のテッペンにあるタンクに一度水を貯め、そこから水を落とすことで重力による水圧を確保。

常に一定の水圧で、各部屋に水を送ることを可能にしている。

しかし、技術が進歩し、最近ではポンプで直接各部屋に水を送ることが可能に。

給水塔が残っている建物は少なくなり、消えゆく昭和遺産とも呼ばれている。

団地の給水塔大図鑑

団地の給水塔大図鑑

Pocket
LINEで送る