初日の出を見るためだけのフライトがある!という話:林修のニッポンドリル【2019/12/25】

Pocket
LINEで送る

一年の始まりを告げる「初日の出」。

障害物の少ない海や高い所から拝もうとする人もいれば、

来年(2020年)は、令和初ということで見ようというする人も多いのではと予想される。

そんな中、初日の出を見るためだけのフライトがある。

毎年1月1日に、ANAで実施されている「初日の出フライト」。

富士山と初日の出を同時に見られる場所を計算してコースが選ばれており、

朝4時過ぎにはチェックインして、5時半過ぎには出発。

機内では、おせち風弁当やドリンクが提供され、社長自らが搭乗証明書を配布。

残念ながら2020年のチケットは既に完売。

ちなみに、今年(2019年)の景色がこちら。

富士山越しに見る初日の出。

通常便とは違い、富士山と同じ高さまで高度を下げているので幻想的な風景が見える。

Pocket
LINEで送る

こども六法10歳の君に贈る、心を強くする26の言葉: 哲学者から学ぶ生きるヒントDVD付 新版 昆虫 (小学館の図鑑 NEO)「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる  「繊細さん」の本2020年6月30日にまたここで会おう 瀧本哲史伝説の東大講義 (星海社新書)FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣