手術着が緑色である理由:日本人の3割しか知らないこと【2020/01/16】

Pocket
LINEで送る

病院の手術着といえば緑色のイメージがありますが、

なぜ、白色ではなく緑色なのでしょうか?

その理由は、目の錯覚を起こさないため。

人間は、臓器や血など「赤いもの」を見続けた後に、白いものを見ると目の錯覚で青緑の残像が残る場合がある。

これは「残効(ざんこう)」と呼ばれるもので、

ある色を見つめた後で、その色を視界から消すと、補色が残像で残る現象。

補色とは?

赤なら緑、

黄色なら青紫のように、対となる色のこと。

そのため、手術着は赤の補色である緑や青で目の錯覚を予防しているということです。

Pocket
LINEで送る