なぜ「つゆ」は「梅」の「雨」と書く?という話:チコちゃんに叱られる!【2020/06/26】

Pocket
LINEで送る

なぜ「つゆ」は「梅」の「雨」と書く?という話がありました。

これを 山口 謠司 先生 が説明していました。

実は、「梅雨」という言葉は中国が発祥

そもそも梅雨とは、6から7月にかけて雨の多い時期を指す。

梅雨の天気図を見てみると、

梅雨前線

中央の線が天気予報でもよく耳にする「梅雨前線(ばいうぜんせん)」。

梅雨の時期に雨をもたらす雨雲の一帯。

この梅雨前線をよく見ると、

梅雨前線

朝鮮半島から中国の南方、長江の下流域にまでかかっている。

梅雨は日本特有のものだけでなく、中国などアジアの一部でも起きる気象現象。

なぜ「梅の雨」と書いて「つゆ」と読むのか?

もともと中国では、「梅の雨」ではなく、別の漢字が当てられていた。

6月の時期に降る雨は、カビをもたらす雨ということで、「黴(カビ)の雨」と書いて「バイウ」と発音していた。

今は、現代中国語なので「メイユー」と発音する。

しかし、ただでさえジメジメしているのに、「カビの雨」ではイメージが悪い。

そこで、黴の「バイ」と同じ発音だった 梅の「バイ」の字が当てられた。

黴雨と梅雨

中国で、梅雨の6月ごろに収獲を迎える「梅」。

梅

中国で生まれた「梅雨」が日本に伝わってきたのは「奈良時代」。

当時の漢詩や和歌などを集めた本「和漢朗詠集(わかんろうえいしゅう)」というものがあるが、

ここには、「梅雨(ばいう)」と書かれた詩の 一節も残っている。

梅は古くから日本人に愛されていて、貴族など特権階級の人たちは、梅の花を鑑賞して楽しんだ。

梅の花を鑑賞

ちなみに、現在の日本の元号「令和」、これも「万葉集」にある、梅を見てみんなで和歌を作った記念に書いた文章の 一節。

万葉集の一節

梅は日本でも良いイメージだったため、そのまま「梅雨」という言葉が定着したのではないかと考えられている。

しかし、日本では「ばいう」だけでなく「つゆ」とも読むのはなぜか?

これは諸説あり、山口先生が知る限り2つの説がある。

1つ目が、「露(つゆ)」。

毎日のように雨が降るこの季節。木々には水が滴り、その様子がまるで露が降りたように見えることから「つゆ」と呼ぶようになった。

2つ目が、「梅ぐちゃぐちゃ説」。

6月ごろに旬を迎える梅。熟した梅は、ちょうどこの季節の雨風で地面へと落下し、ぐちゃぐちゃに潰れてしまう。「潰れる(つぶれる)」を昔は「潰ゆ(つゆ)」と表現していたため、「つゆ」と呼ぶようになった。

Pocket
LINEで送る

小学生なら知っておきたい教養366: 1日1ページで身につく!なぜ僕らは働くのか-君が幸せになるために考えてほしい大切なことじゃあじゃあびりびり (まついのりこのあかちゃんのほん)きんぎょが にげた (幼児絵本シリーズ)FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣占いだけ見ても幸せにはならない