カイコで食べるコロナワクチン開発へ!という話:あさチャン!【2020/06/29】

Pocket
LINEで送る

先週(2020/06/26)、九州大学などが発表したのは、「食べるワクチン」。

何を食べるかというと、「カイコ」。


カイコ

ワクチンの製造工程を見てみると、

ワクチン製造工程

新型コロナウイルスに似た形の人工タンパク質を作る。

→ これをカイコに注射して入れる。

→ カイコのタンパク質が増える。

→ カイコからタンパク質を取り出して精製する

→ 注射で人にワクチンを投与する。

→ ヒトに抗体ができ、新型コロナウイルス感染を防ぐ。

まずは、この流れで開発していく。

次に、「カイコからタンパク質を取り出して精製する」という工程は、時間や手間がかかるので、これをとばして食べられるワクチンを作ってしまおうという話。

ワクチン製造工程

ワクチン開発に、カイコを選ぶ理由には、飼育しやすいことがある。

・カゴ、エサがあれば飼育が可能。

・狭いスペースで飼育が可能(設備投資抑制)。

・逃げださない(育てる手間がかからない)。

など。

ちなみに、カイコの味は、

幼虫はちょっと苦いかりんとう味、さなぎは甘海老の唐揚げ風の味。

だという話もある。

Pocket
LINEで送る

小学生なら知っておきたい教養366: 1日1ページで身につく!なぜ僕らは働くのか-君が幸せになるために考えてほしい大切なことじゃあじゃあびりびり (まついのりこのあかちゃんのほん)きんぎょが にげた (幼児絵本シリーズ)FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣占いだけ見ても幸せにはならない