窓を閉めていても家の中に虫が入ってくる理由:ためしてガッテン【2020/09/30】

あるマンション宅内の照明のカバーを外して見てみると、

照明

小さい虫がたくさんいた。


たくさんの虫

しかし、この家では、普段は必ず窓を締め切っていて、洗濯物を干すときなども 開けたらすぐ閉めているという。

さらに、窓や玄関付近に、虫除けグッズなども置かれていた。

それでも、家の中に虫が入ってきている。

この虫たちは、一体 どこから入ってくるのか?

別の 一軒家の窓で検証。

窓の上部のサッシに、監視カメラを設置して見てみると、

監視カメラ

窓には小さい隙間があり、虫たちが自ら入ってくるのではなく、

なんと、そこから逃げ出そうとすらしている虫たちが、家の中に吸い込まれていた。

家に虫を吸い込む原因は、なにか?

実は、「換気扇」。

換気扇

換気扇を回すと、玄関のドアが重くてなかなか開けられなかった という経験はないだろうか?

重い玄関のドア

この原因は、「気圧の差」。

玄関付近の気圧を計測してみると、

外の気圧は、1000.9 ヘクトパスカル。

室内の気圧は、999.2 ヘクトパスカル。

換気扇をつけると、部屋の気圧が少し低くなっていた。

この時、玄関付近の空気の流れを調べてみると、

空気は気圧がより低い方へ流れる性質があった。

気圧の差

もし、こんな状態のまま帰宅して 玄関に蚊などの虫がいれば、重い玄関を開けた時に、虫は家の中に吸い込まれていく。

専門家の話によると、

同じ気圧差であれば隙間が細ければ細いほど気流が強くなり、虫を吸い込みやすくなる。サッシも老朽化して立て付けが悪くなってくると、どうしてもどこかに隙間ができてしまう。そういった隙間から虫が吸い込まれてしまう。

とのこと。

対策方法

では、どうすれば、「気圧の差」をなくすことができるのか?

換気扇をつけた時は、「給気口」を開く。

給気口

シックハウス症候群などを防ぐため、換気目的で付けられている。

換気扇を回していると、隙間から外気が吸い込まれていたが、

外気が吸い込む

給気口を開けると、風が止まった。外との気圧の差が和らいだ。

風が止まる

もし、家に給気口がない場合は、窓で網戸をするか、

換気扇がある部屋と他の部屋のドアを開けて、密閉空間を広くし気圧の差を和らげるとよい。