五重塔は何階建て?という話:グッとラック!【2020/10/23】

奈良県にある法隆寺は、今から約1400年前、飛鳥時代に建てられた世界最古の木造建築で、

世界遺産に登録されている。

法隆寺

そこにある日本最古の塔として知られる 五重塔の高さは、31.5m ある。

五重塔

ここで問題。

この法隆寺の五重塔は、何階建てでしょうか?

【A】1階
【B】5階
【C】10階

この 3つのうちどれ。

【さぁ、みんなで考えよう!】

考え中

正解はこちら!

答えは、「【A】1階」

外から見ると、一見5階建てに見えるが、その内部はというと、実は五重塔の内部は非公開になっている。

そこで、五重塔を忠実に再現したレプリカを使って、

五重塔のレプリカ

内部を見上げてみると、梁があるだけで、てっぺんまで吹き抜けの状態になっている。

五重塔のレプリカ

つまりは、一階建て。

そもそも五重塔というものは、お釈迦様の遺骨を祭るという、神聖な場所。

その場所が、周囲から見てよく分かるようにということで、高い建物ととして五重塔ができている。

人が住んだり、塔に上って景色を楽しむというのは、本来の目的ではない。

つまりは、階段や床というのが不要になる。