たまねぎの内側と外側で甘さが違う理由:ためしてガッテン【2020/10/21】

たまねぎは、そのまま、真ん中部分を食べると甘くて、外側を食べるとニガイ。

これはなぜか?

たまねぎは、大きく分けて、「芯たまねぎ」と「外たまねぎ」に分かれる。

芯たまねぎと外たまねぎ

芯たまねぎは、本来、やがて芽が出て・・・、

芽が出る

花を咲かせる部分。

花が咲く

そのため、次世代に糖を受け渡すために、中心に集めている。

糖

一方、外たまねぎには、「ケルセチン」というポリフェノールの一種で苦味のもとがある。

ケルセチン

このケルセチンは、内側の5倍もの量が外側に含まれている。

ケルセチンの量

外側にケルセチンが多い理由は、内側を紫外線などの酸化ストレスから守るため。

紫外線から守る

だから、たまねぎの

外側は、シャキシャキでもニガイ。

内側は、とろっとして甘い。