平安時代には使われていた!算数の九九の話:グッとラック!【2020/11/20】

小学校の算数で習い暗唱した「九九」。

実は、平安時代には使われていた。


万葉集の中には、「十六」と書いて「しし」、「八十一」と書いて「くく」と読ませるという表現も登場している。

ちなみに、百貨店では常連のお客さんのことを始終いらっしゃるお客様ということで、「五八様(ごはちさま)」と呼んでいる。

日本の小学校で習う九九は「9の段」まで暗唱するが、

IT大国として算数教育にも力を入れている インドの小学校では、20の段まで暗唱する。(※地域や学校によって差はある)

そもそも、「9の段」まで覚えるのは、日本特有の文化。

アメリカやヨーロッパでは、12進法の名残りが残っているので、12x12の144までの掛け算を覚えることが多い。