ノンデザイナーズ・デザインブック [第4版]FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルーコミックマーケット 98 冊子版 カタログ 4日間参加証リストバンド付きあつまれ どうぶつの森 ザ・コンプリートガイド形で捉えて簡単に描ける!  背景パーツの描き方

舌の位置は大丈夫?上アゴにつけると病気の予防になるという話:林先生が驚く初耳学【2016/12/25】

Pocket
LINEで送る

みなさんは、普段口を閉じている時、舌はどこに接しているでしょうか?

街中でこの質問をすると、「」と「」で大きく分かれました。

この舌の位置が、健康状態に大きく影響しているといいます。

歯科医の方が言うには、「上あごのくぼみに舌全体が密着している状態」を維持するのがいいといいます。

舌はアゴや頭を支える筋肉の1つなので、舌の筋力が弱ると頭がフラフラしたり、姿勢が悪くなったり、体を支えるバランスが崩れたりして、健康には健康にはよくない。

もう一つの大切なポイントが「だ液」。舌の位置が正しければ、だ液がしっかり分泌されます。

だ液には多くの抗菌物質が含まれていて、体内に入り込む細菌をやっつける役割がある。

舌の位置が下がると、口が半開きになり口呼吸の原因になる。

するとだ液の量が減り、口の中が乾燥するので、免疫力が低下し、風邪を引いたり歯周病になりやすくなってしまう。

これを矯正したい人は、

舌打ちや舌鳴らしのように、舌を上アゴにつけて、天井から吸われるようなイメージから、ポンと離して強い音を出す。

これを1日5分くらい毎日することで、改善することができます。

Pocket
LINEで送る

こども六法科学事件ファイル 小学4~6年 (おはなし推理ドリル)日本一楽しい総復習ドリル うんこ総復習ドリル 小学1年生 (うんこドリルシリーズ)日本一楽しい入学準備ドリル うんこ入学準備ドリル (うんこドリルシリーズ)字のないはがき失敗図鑑 すごい人ほどダメだった!