何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

いろいろな色の花があるのは人を楽しませるためではない!?という話:チコちゃんに叱られる!【2018/06/15】

「いろいろな色の花があるのはなぜか?」という疑問がありました。

それを、総合研究大学院大学 の蟻川先生が説明していました。

どうやったら昆虫や鳥が、たくさん花の方に来てくれるか?その植物側の戦略のひとつが花に色をつけること。

そもそも植物は、蜜を求めてやってくる虫などに花粉を運んでもらい受粉します。

受粉すると種ができ、子孫を残すことができるのです。

花たちはそれぞれ、生き残るために様々な色を使って、虫たちにアピールしているのです。

虫たちが来て蜜を吸うと、『この色の花に蜜がある』と覚えて、またその色の花に行く。

しかし、虫に蜜の場所をアピールするためならどの花も色は同じでいいはず、なぜいろんな種類の色があるのでしょうか?

昆虫によって色の見え方が違うといいます。

例えば、ミツバチの目には、赤色が認識できない代わりに、黄色や白色は認識できるため、その色の花に集まる習性があります。

アゲハチョウは、赤色が認識できるので、赤い花に多く集まるのです。

このように、虫によって色の見え方がバラバラ。

虫を効率よく引き寄せるために、さらに進化した花もあります。

「ハコネウツギ」という花は、受粉前は「白色」、受粉後は「赤色」と色を変化させることで、まだ受粉できていない白色の花だけを目立たせ、そこに虫を呼び寄せるようにしている。

花が色をつける理由がわかりましたが、人間と虫とではその色の見え方が違うといいます。

虫たちの目には、人間にはない紫外線センサーがついている。

紫外線は太陽の光に含まれ、人間には見えない光。

紫外線の見える特殊なカメラで、

白い花を見てみると、水色。

( ←人の見え方 | 紫外線カメラ→ )

鮮やかな赤い花が、紫色。

( ←人の見え方 | 紫外線カメラ→ )

さらに、自然界には紫外線が作る模様もたくさんあります。

花が黄色一色の菜の花を紫外線カメラで見てみると、花の中心部が黒くなり模様がくっきりと浮かび上がりました。

( ←人の見え方 | 紫外線カメラ→ )

これは虫たちにだけ蜜のありかを教えていると考えられています。

うっとりするようにきれいな色は、人間のためではなく虫のためだったのです。

関連書籍

見える光,見えない光:動物と光のかかわり (動物の多様な生き方 1)

見える光,見えない光:動物と光のかかわり (動物の多様な生き方 1)