何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

ハトはなぜ地面をつっついているのか?という話:チコちゃんに叱られる!【2018/06/22】

ハトはなぜ地面をつっついているのか?という疑問がありました。

どうやら小さい虫を食べているわけではなさそうです。

実は、石を食べていたのです。

約2mmくらいの小さい石を好むそうです。

これには理由がありました。

鳥には歯がないので、種を丸飲みします。

胃の中にある石が歯の役割を果たして、食べ物を細かく砕き消化しやすくするためといわれています。

なぜ、ハトは胃の石で食べ物を消化するようになったのでしょうか?

鳥の祖先は恐竜で、恐竜の胃の中にも石がありました。

恐竜には鋭い歯があり、その場で獲物を食いちぎり飲み込んでいました。

進化していく過程で体が小さくなり、地面で食べ物を食べている間に、他の動物から狙われるようになりました。

その対策として、早く敵から逃げるため、エサを丸飲みして、胃の中にある石で消化することを選んだのです。