何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

ワキの汗ジミが一番目立たない素材は?:この差って何ですか?【2018/08/14】

夏場の暑い時期に、電車でつり革を持っている時など、「ワキの汗じみ」が気になることがあります。

とくに、グレー色の服などは、けっこう目立ちます。

さらに、服の生地の素材によっても、目立つ・目立ちにくい、があるようです。

いったいどの素材が目立ちにくいのでしょうか?

・↓綿 100%

・↓ 100%

・↓シルク 100%

・↓ポリエステル 100%

これらの素材でできたグレーのシャツで検証。

実験には、汗の代わりに、霧吹きで3回水を吹きかけて、30秒間ワキを締めます。

その後、ワキを上げて、どれくらい汗ジミができたのかを測定するため、

3Dレーザースキャナーを使って、汗ジミの表面積を数値化します。

すると、ポリエステル素材が、一番汗ジミの表面積が小さいという結果になりました。

左から順に、

綿 22.7㎡
麻 4.7㎡
シルク 3.5㎡
ポリエステル 1.1㎡

それぞれの素材を顕微鏡で拡大してみてみると、

綿や麻は、繊維の真ん中に穴が空いています。

シルクは、真ん中に隙間が空いています。

そのため、繊維の中に水分が吸収されるのですが、

ポリエステルの繊維には穴や隙間がないので、水が繊維の中に吸収されにくいのです。