何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

手についた魚の臭いを取る方法:ありえへん∞世界【2018/08/28】

魚を使った料理をすると、手に魚の臭いが残ってしまい、いくら石鹸を使って洗っても、

魚の生臭さが取れないことがあります。

しかし、あることすれば、この臭いが取れるそうです。

それは「蛇口に触ること」。(※口ではなく棒の部分でよいです)

試しに、臭いの数値を計る機械で計測していました。

通常の周りの空気の数値を「0(ゼロ)」とすると、

イワシをさばいた後の手の臭いの数値は、「2.8」。

その後、手を蛇口にこすりつけた後の数値は、なんと「0.1」。

臭いが、ほぼ無くなりました。

いったいなぜ、蛇口に触っただけで臭いはなくなったのでしょうか?

そもそも魚をさばいた時に、手が臭くなるのは、「アミン臭」が手のシワに馴染んでしまうため。

一度手に馴染んだアミン臭は、油が主成分の石鹸とは馴染みにくく、なかなか臭いが落ちません。

一方、アミン臭はステンレスには馴染みやすく、磁石のようにくっつくため、

そのまま水で流すことで、臭いの原因となるアミン臭も水に流れるというわけなのです。