何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

ローテーションプラスティという手術の話:ヘウレーカ!【2018/09/12】

ローテーションプラスティ」という手術があることを知りました。

ガンなどで、太ももより下を切断した際、足元を180度反転し結合する外科手術です。

実際にこの手術を受けた女性は、手術直後は足の動かし方がわからなかったそうです。

しかし、リハビリを続けた結果、自分の意思で、元の足首がヒザの動きをするようになったといいます。

そして、その元々足首だった新しいヒザに義足を装着して日常生活を送っていました。