何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

お腹が白くて背中が黒い生物がいる理由:平成教育委員会【2018/10/21】

富山湾の春の名物「ホタルイカ」。

水深200〜700mに生息する深海生物です。

ホタルイカは、光ることで有名ですが、光っているのは主に胴体の下半分だけです。

これは光を出す器官が下半分に集中しているからです。

なぜ、下半分だけ光らせるのでしょうか?

暗い深海ですが、上を見上げるとかすかに光が差して届いています。

天敵に下から狙われると、わずかな光の中で体が影になって見つかってしまいます。

そこで、ホタルイカは胴体の下半分を光らせて、光の中へ身をかくしているのです。

逆に、深海は上から見ると暗いので、体の上半分は光らない方が見つかりにくいのです。

お腹が白くて背中が黒い生物は、天敵に見つかりにくいよう体の色が分かれていて、上からも下からも見えづらいのです。