何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

「パー」ではなく「グー」でタッチした方がよい!?という話:初耳学【2018/12/09】

医療の面で、ある人のタッチ方法が注目を集めていました。

それは、この度、巨人の監督に復帰する原監督の「グータッチ」。

手のひらではなく、手をグーにしたまま、拳を突き合わせるようなタッチです。

なぜこれが注目されているかというと、それはうつる「細菌の量」。

これを、ブラックライトに反応する特殊塗料で検証してみると、

↓握手の時に比べると、

↓グータッチの時は、ほんの少し。

このように、グータッチでうつる細菌の量は、握手の時と比べて90%減になるのだとか。

そのため、インフルエンザの予防にもなるといいます。