何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

人生の終わりを考える!「もしバナゲーム」の話:VOICE【2019/03/20】

気になるカードゲームがありました。

その名も「もしバナゲーム」。

もしバナゲーム

もしバナゲーム

「あらかじめ葬儀の準備をしておく」や「お金の問題を整理しておく」など、

35枚のカード全てに「人生の終わり」を連想させる言葉が書いてあります。

一体どんなゲームなのでしょうか?

「自分がどのように死んでいきたいか」ということを、みんなで考えていこうというカードゲーム。

もしも、余命が半年だったら」という設定で、カードを選び、人生最期のあり方を見つめ直します。

大切なのは、なぜそのカードを選んだのか、その理由をみんなで話合うことです。

ルールは簡単。

基本的には4人でプレイします。

5枚の手札から、いらないカードを捨て、場に出ている欲しいカードと交換します。

山札が無くなるまで交換を続け、

最後に残った5枚が、人生の最期に大切にしたいというカードになります。

その中から、特に大切なカードを3枚選び、選んだ理由についてみんなで話し合います。

「意識がはっきりしている」状態で、「家族の負担にならない」が、「家族と一緒に過ごす」には、どうしたらいいか?など。

もしバナゲーム

もしバナゲーム