「中川しようこ」さんだったという話:日本人のおなまえっ!【2019/04/11】

Pocket
LINEで送る

タレントの中川翔子さんは、何回も改名を考えたことがあったそうです。

彼女の母親は、娘の名前を決める時に「薔薇」の漢字で、「薔子(しょうこ)」とつけたかったそうです。

しかし、役所で出生届けを出す時に、当時は使用できない漢字として断られたそうです。

母親「いいじゃないですか」

役人「ダメです」

と、お互い押し問答の繰り返しで、ついに母親の方がおれた結果、勢いで殴り書きで出してしまったために、ひらがなで「しようこ」と、「よ」という字が大きい字で登録されてしまいました。

そして、ある時、中川翔子さんがマッサージ屋さんに行ったときのこと。

ポイントカードを作ろうと、健康保険証を出して名前を見せたところ、「中川はうこ 様」と書かれたそうです。

これは「しようこ」の「し」と「よ」が合体して「は」に見間違えられたのだとか。

Pocket
LINEで送る

もしものせかいしましまぐるぐる (いっしょにあそぼ) 0~2歳児向け 絵本ヒプノシスマイク -Division Rap Battle- Official Guide Book 初回限定版女帝 小池百合子GRANBLUE FANTASY グランブルーファンタジー GRAPHIC ARCHIVE VI EXTRA WORKS大河の一滴 (幻冬舎文庫)