何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

賞状に句読点がない理由:初耳学【2019/05/05】

賞状に句読点がないのはなぜ?という話がありました。

その理由は、相手に敬意を表す意味があるから。

これはいったい、どういうことでしょうか?

東京大学の 本郷和人 先生によると、

日本史のツボ (文春新書)

日本史のツボ (文春新書)

  • 作者: 本郷和人
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2018/01/19

平安時代から江戸時代の書物をみると、

本来、日本には句読点を用いるという文化はない。

句読点が用いられるようになったのは、明治20年頃から。

どんな人にでも読みやすいようにという意図のもと、使われるようになったのです。

しかし、元々教養のある人は、句読点がなくても理解できていた。

そのため、読みやすいように句読点をつけてしまうと、「失礼」をはらんでしまう。

つまり、相手に敬意を払うためにも、句読点は打たないのがマナーなのです。

ちなみに、同じ理由で年賀状にも句読点は打たない方がよいそうです。

(※このブログでは自分が読みやすいように句読点を付けています)