何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

ひと手間で激変!最強ゆで卵の作り方:マツコの知らない世界【2019/06/11】

15年間、毎日卵を10個たべるという小林真作さんが、

ひと手間で美味しくなるゆで卵の作り方を紹介していました。

スーパーで買った同じ卵でも、作り方を少し変えるだけで、全然味が違ってくるそうです。

美味しいゆで卵の作り方

ゆで卵を作る時に、大事なポイントが3つあります。

・生みたての卵は炭酸ガスがあってpHを下げてしまう、それで皮がくっついて剥きにくくなるので、針などでお尻に穴を開けてガス抜きをすると、殻が剥きやすくなり、白身が滑らかな口当たりになる。

・お湯は少しでいい、高さ18mmで沸騰してから卵を入れる。最初の90秒は、菜箸などでゆっくり回すと黄身と白身のバランスが美しくなる。その後、フタをして加熱する。

・6分30秒茹でた後、10秒以内にすぐに氷水で冷やす。(※固茹での場合は10分)

失敗しない卵の選び方

・新鮮な卵を使うのはNG

→炭酸ガスがたくさん入っているので、そのまま茹でるとボロボロになって剥きにくい。ベストは買って3日以降。

・冷蔵庫で冷えている卵はNG

→冷えている卵を茹でると温度差で割れてしまいやすい。冷蔵庫から出して常温に戻してから茹でる。

・サイズはMがベスト

→黄身のサイズはほとんど変わらないが、白身との割合が変わってくる。

フレーバーゆで卵

普通のゆで卵をさらに美味しくする方法があります。

↓こちらは、紅茶の葉と一緒にした生卵。

3日以内の新鮮な卵は、卵の中の炭酸ガスを出す際に、 殻にあいた目に見えない無数の穴から、周りのニオイを吸収する性質があります。

それを利用して、紅茶やかつお節、キムチなど、いろんな食べ物を添えると、ゆで卵の味が変わります。