何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

ラグビーで得点を決めたのに「トライ」というのはなぜ?:チコちゃんに叱られる!【2019/08/30】

ラグビーで得点を決めたのに「トライ」というのはなぜ?という話がありました。

現在のラグビーのルールではトライを決めると5点入り、

さらに、コンバージョンキックというゴールキックの権利が与えられ、これを決めれば、さらに2点獲得となる。

ラグビーのルール 超・初級編 (ハーパーコリンズ・ノンフィクション)

ラグビーのルール 超・初級編 (ハーパーコリンズ・ノンフィクション)

  • 作者: 中野良一,木谷友亮
  • 出版社/メーカー: ハーパーコリンズ・ ジャパン
  • 発売日: 2019/07/17
  • メディア: 単行本

しかし、このルールは現代になって決まったもの。

そもそも、ラグビーが誕生したのは、19世紀後半のイギリス。

それまで行われていたのは、ボールを蹴ることがメインのフットボール

しかし、学校や地域によってルールはバラバラ。

試合のたびに話し合ってルールを決めていた。

その後、手にボールを持ってプレイすることを重視する「ラグビー校」のルールをベースにしながら、フットボールのルールを作った。

こうして誕生したのがイギリスの名門ラグビー校のフットボール、つまり、「ラグビーフットボール」。

ラグビー校のルールは、現在と同じように手でボールを運び、相手ゴールにトライしてキックを決めるというものでしたが、

当時は、トライを決めても得点にはならず、その後のコンバージョンキックの成功で初めて得点が認められいた。

つまり、「コンバージョンキックに挑戦する権利が与えられる」という意味で「トライ」。

ではなぜ、トライで得点が入るようになったのか?

苦労してトライしても、キックが外れると得点にならず勝利できないということで、選手たちの不満がたまったからではないかと考えられる。

そして、1886年、トライで得点が入るようにルール改定。

当初1点だったトライの価値は、2点、3点と高まっていき、1992年に現在のルールである5点となったのです。

泣き虫先生の7年戦争 スクール☆ウォーズ DVD BOX<HDリマスター版>

泣き虫先生の7年戦争 スクール☆ウォーズ DVD BOX

  • 出版社/メーカー: キングレコード
  • 発売日: 2019/09/04
  • メディア: DVD