何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

一休さんは煩悩の塊だったという話:ビーバップハイヒール【2019/11/07】

京都にある酬恩庵一休寺。

そこは、アニメでも知られる一休さんが晩年を過ごしたという名所。

ここで、興味深い話を紹介していました。

一休さんが晩年に書き留めた歌集「狂雲集」。

狂雲集 (中公クラシックス)

狂雲集 (中公クラシックス)

  • 作者: 一休宗純,柳田聖山
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2001/04/01
  • メディア: 単行本

一休が残した「狂雲集」には、ある女性との夜の営みを思わせる歌が数多く記されている。

我が手何ぞ森の手に似たる 自ら信ず公は風流の主 発病玉茎の萌しを治す かつ喜ぶ我が会衿の衆

(森女は我が手を自分の女陰に添え 森女の手を我が男根に添える 森女に触られ玉茎の萌えをみせる我はこれを喜ぶ)

一休さんが歌で詠んだのは、「森女」という女性との夜の営みばかり。

88歳で亡くなるまで、森女と交わり続けたといわれている。

6歳で出家し、仏の道を求めていた 一休。

しかし、「自分は貴族の生まれだ」「武士の生まれだ」と自慢し合う老僧たちに絶望。

権威と化して堕落していた仏教界と闘うため、ご法度だった酒を飲み平気で女性とも交わった。

43歳の時には、法要の読経が鳴り響く中、女性と交わり続け、経を唱える僧侶たちを嘲笑ったという。

そんな一休さんが77歳の時に住吉大社で出会ったのが、盲目の女芸人「森女」。

目が見えず一休が老人であることも、有名な高僧であることもしらないまま、一休を愛する森女に一休は夢中になった。

彼女との出会いによって若返った一休は、死ぬまで森女とのセックスを歌い続けた。

性欲という業の中で悩み苦しみながら。

美人の雲雨愛河探し楼子老禅楼上に吟ず

(美人との契りは何より深い その愛欲に溺れ老僧は歌う)

我に抱持そう吻の興あり

(わしには抱擁 接吻の卿がある )

ついに火聚捨身の心なし

(煩悩の塊のような体を修行の為に捨てる心はついに無い)

アニメとはだいぶイメージが違う一休さん。

「狂雲集」には、遊郭に行ったことや、男性と交わったことも書かれている。

♫ 好き好き好き好き 好き 好き、・・・気にしない〜 気にしない〜

とんちんかんちん一休さん

とんちんかんちん一休さん

  • 小牧まり
  • チルドレン・ミュージック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes