運河は普通の川とどう違う?という話:そんなコト考えた事なかったクイズ!トリニクって何の肉!?【2019/12/17】

Pocket
LINEで送る

運河」は普通の川とどう違う?という話がありました。

運河とは、「人工的に作られた川」。

北海道の人気観光地「小樽運河」は、港を埋め立てて建造された。

以前、小樽港には、世界中から荷物を乗せた船が集まり大渋滞していたが、

運河を作ることで、船をとめる場所を3カ所に。

これで荷物の積み下ろしはスムーズになり、小樽は発展した。

しかし、世界にはもっとすごい運河がある。

スエズ運河

1869年までは、アジアからヨーロッパに船で向かう場合、南アフリカまで大回りしていた。

そこで、エジプトにスエズ運河を建設し、砂漠を通り抜ける事で、移動時間が約10日短縮。

各国の貿易にとって重要な場所になった。

パナマ運河

1914年までのアメリカでは、同じ国内で荷物を行き来するだけでも、船だと最南端まで大回りしていた。

そこで、パナマという国にパナマ運河を建設。

移動時間が約3週間も短くなった。

コリントス運河

ギリシャのコリントス運河。

時間短縮が目的で、山を切り崩してまでして造った。

まさに断崖絶壁、川幅はたった25m。

大型の船が通るとこんなにスレスレ。

今では、大人気の観光スポットにもなっている。

スランゴスレン運河

イギリスのスランゴスレン運河。

深い谷をまたいだ2つの丘を船が渡れるように造られた。

運河があるのは、高さ38メートルの橋の上。

水運史から世界の水へ

水運史から世界の水へ

Pocket
LINEで送る