ゴミ捨て場に持っていくだけがゴミ出しじゃない!という話:グッとラック!【2020/09/08】

タレントのSHELLYさんのある発言が話題になっている。

「僕ごみ出し担当ですから」って言うイケメン俳優いるじゃないですか。「ごみ出しできます」って、「僕おトイレ行ったときに、後始末自分でしているんです」って言うのと同じくらいなんともないことだから。

という、テレビ番組での発言。

この発言に対して、女性たちから多くの共感の声が上がっている。

・ごみ出ししたぐらいで家事やってる感 出してる男多いよな。本当に 1番楽な家事よな。
・世の女性はみんな共感しているんだろうね、私も夫には「家事やってます」とは言わせないよ。

この件に関して、放送作家の野々村友紀子さんによると、

「ごみ出し」っていうのは、嫁がしまったごみをごみ捨て場に持って行くだけちゃうからね。ごみ捨てって、ごみ持って捨てに行くだけって思われがちですけど、瓶もペットボトルも分けなきゃいけないし、ごみ袋を最後にごみ箱にかけるまでがごみ捨てと思ってほしいんですよ。ほとんど妻がやってて僕はごみ持って・・・、ごみの・・・、あんなの移動ですからね。男性との認識の違いというか、家事の総量の知らなさ。世の中にはごみ出しを勘違いしている男性が多すぎる。ごみ出しはそんなに複雑な仕事じゃない。掃除・料理とかよりはやりやすいと思うんですよ。ごみを集めて捨てるだけですから。ごみ袋を装着する。これだけ忘れなければ家庭は平和です。これはやってほしい。そうしたら晩年離婚も減るよって思います。

とのこと。

夫は、「ごみ出し」しているつもりだが、していないという。

ごみ出し

・家の中からごみを集める

・ごみ箱に新しいごみ袋を装着

・ごみを分別する

・ペットボトルなどのふた・ラベルをはがす

・ごみ置き場に持っていく

最後の工程だけやって、ごみ出しをしたという人も多いが、

この5つの工程が全部できて、ようやく「ごみ出し」したと言えるという。

ちなみに、街中でこの「ごみ出し」ができていたのは、既婚男性100人中5人だけだった。

みなさんは、「ごみ出し」できていますか?