やわらかいのに、かたいもの:2355【2021/01/08】

片栗粉を使った面白い実験がありました。

料理で使うボールの中に、片栗粉(400g)を入れ、そこに水(300ml)を入れる。

そして、よく混ぜる。

こんな感じになるまで。

この器の真上から、オレンジを落とすとどうなるか?

液体が飛び跳ねてしまう!と思った方も多いのではないでしょうか。

しかし、ドンという音と共に、オレンジが水面で止まっている。

そして、そのまま放っておくと、オレンジはズブズブと沈んでいく。

実は、この片栗粉、ダイラタント流体という特別な状態になっていて、

ゆっくりと指を入れると入るが、

すばやく指を入れようとすると、個体のようになり、指はほとんど入らなくなる。

そのため、オレンジがすばやく落ちてきた時は、個体のようにかたくなり、オレンジは一瞬跳ね返される。そして、オレンジが勢いを失うと、液体のようになり、ゆっくり沈んだ。