何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

股間が痛いと思ったらカビが生えていたという話

いつも股間がかゆいと言っている自分。

でも、最近、かゆいというよりは、なんとなく痛いという感覚になっていました。

こわごわ股間を見てみると、ちょっと皮膚がただれている感じ。

これはちょっとやばいなと思い、病院に行く決心をしました。

病院探し

股間の皮膚が荒れている時って、いったいどこで診てもらえばいいのだろう?と悩みました。

皮膚なら「皮膚科」だし、股間なら「泌尿器科」だし、どっちだろう?とネットで検索していると、

家の近くに、それぞれ1軒づつありました。

一つは医師も含めて全員女性の「皮膚科」。

もう一つは、最近できたばかりの男性医師の「泌尿器科」。

もし、女性ばかりの皮膚科の方なんかに行ったら、変態扱いされても困るなと思い、

泌尿器科に行くことにしました。男の先生だし、最近できた新しいところでしたが、ホームページに医師の顔写真を載せているところだったので、信用することにしました。

泌尿器科へ

泌尿器科なんて人生初です。

行ったところが新しい病院で、平日だったこともあり、患者は自分ともう一人だけでした。

待ち時間少なくてよかった。

自分「初診なんですが・・・」

女性の看護師「こちらの問診票を書いていただいて、そちらのトイレで検尿をお願いします」

自分「(皮膚だから、たぶん尿は関係ないんだけどなー)」

と思いながらも無事検尿終了。

そして、しばし待つ。

女性の看護師「こちらが検尿結果になるんですが、濃いですね」

女性の看護師「これから夏にかけて、さらに濃くなると思うので、水をたくさん飲んでください」

自分「はい!(水不足だったのか、検尿してよかった)」

そして、男性のお医者さんに診てもらうことに。

男性の医師「どうしました?」

自分「股間が痛くてですね・・・」

男性の医師「そこの台に乗ってズボンを下げてください」

自分「はい」

男性医師が手袋を付けて、患部(竿の裏辺り)を診てもらう。

男性の医師「ここですねー、カビですね、カビはすぐ広がるんですよ」

自分「そうなんですねー、玉の裏の辺りも痛いんですよー」

男性の医師「これは、かいたからですね」

男性の医師「塗り薬を出しますので、どちらにも塗っておいてください。あまり塗りすぎると逆に荒れてしまうので、1日に1回だけ塗るようにしてください」

自分「はい!」

(愛想はそんなによくないけど、的確で無駄のない診察してくれるいい先生だ、何かあったらまたここに来よう)

そして、薬局へ

自分「(処方せんを出して)お願いしまーす」

女性の薬剤師「お薬手帳は持っていますか?」

自分「持ってないですが、家にはあると思うので、シールでもらえますか?」

女性の薬剤師「わかりました。ジェネリックはご希望ですか?」

自分「はい」

(10分ほど待つ)

女性の薬剤師「こちらは、『アスタット』という塗り薬です。」

女性の薬剤師「ジェネリックご希望とのことでしたが、こちらの薬でジェネリックはありませんでした。」

自分「(じゃあ、なんで聞いたんだ?)」

女性の薬剤師「この塗り薬ですが、どこへ塗るかはお医者さんに聞いていますか?」

自分「はい」

女性の薬剤師「ちなみにどこですか?」

自分「股間です」

女性の薬剤師「あっ(察し)」

自分「(どこに塗るかを聞く必要はあったのか?)」

感想

聞く所によると、泌尿器科って男性の患者さんが多いみたいですね。

男性で、股間にトラブルがあった場合は、泌尿器科へ行くことをオススメします。

追記

お風呂場のカビは、45℃のお湯をかけると死滅するらしいけど、熱いお風呂に入ったら効果はあるのだろうか?その前に火傷してしまうか。

2016/11/11 追記

↓これ快適です。