何ゴト?

日々の何事かを書いていきます。

手のひらと同じ弾力!?やわらか3Dプリンター:WBSトレたま【2017/08/22】

3Dプリンターでプリントして作ったものといえば、なんとなく触った感じが固いというイメージがあります。

そんな中、ミッツ株式会社が開発した、やわらか3Dプリンター「M3DSーSA5」を紹介していました。

通常の3Dプリンターならフィラメントなどの素材を溶かして上に重ねて作っていきますが、

このやわらか素材の3Dプリンターは、逆に下に重ねて作っていきます。

下に樹脂を塗ったシートを敷いて、固めたい部分にだけ下から光を当てます。

固まったら余った樹脂を回収、再利用し、また薄くシートに塗るというものです。

心臓のような模型をプリントして指で押さえると、プニョプニョと弾力がありました。

どれくらい柔らかいのか、試しに硬度計で計ってみます。

例えば、消しゴムは、A:35

次に、車のタイヤは、A:56

そして、この3Dプリンターで作ったものは、A:5

これは人の手のひらの柔らかさと同じくらいです。

この3Dプリンターを開発したミッツ株式会社さんによると、

手術のトレーニングや血管の縫合練習などに活用してほしい。
その他にも、人型のロボットの肌や義手にも使ってほしい。

とのことでした。